« 2008年12月 | トップページ

2009年1月

明け方ベッドの中で思ったこと

 派遣労働者の雇い止めは、年越し派遣村をつくるほどの失業者を生み出した。これまでの働く意欲のないホームレスとは異なるタイプのホームレス。 眠る場所がクローズアップされているけれど、日中の求職活動に疲れたら休める場所は公共図書館
 ご存知の通り、図書館はまわりの人に迷惑をかけない限り、開館時間内ならずっといられるオアシスです。インターネットで職探しもできます。

 たてまえ上、図書館がこのようなアナウンスメントをすることはないでしょう。
この「本音とたてまえ」をちょいと比較してみます。

   たてまえ  vs   本音
       ・社会                  ・個人
      ・マスメディア     ・心の声?

 Web2.0ってこの本音とたてまえの対立関係を変える(すでに変わっているかも)世界なのかなと感じています。(感覚で発言してすみません)

| | コメント (73) | トラックバック (1)

« 2008年12月 | トップページ