トップページ | 明け方ベッドの中で思ったこと »

だけど一日は24時間…

こんにちは。

いま書いたものがすべて消えてしまい、書き直しています(トホホ…)

★Web2.0の特徴のひとつ「ユーザー参加」に期待できること

 これまで図書館へのクレームや要望は、利用者⇔図書館という図式でしたが、ここに利用者⇔利用者という関係が生まれることで、図書館員の常識を超えた発想が生まれるのではないかしら? たとえば図書の選定はおもに出版社情報に頼っていますが、他にもこんな情報ツールがあるとか。

タイトルにしましたが、一日24時間は変わりません。これまでと同じように仕事をしていたらとても時間がたりません。Webとどのように折り合いをつけていくかが図書館員の課題かなと思います。私は、まだイメージがつかめません。しかし、ネットワークを使いこなしている図書館員とそうでないものの格差は確実に広がっています。図書館員の中にさらに専門性を付加するならともかく、ベースは一緒にしておかないとまずいかなぁと感じています。

|

トップページ | 明け方ベッドの中で思ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140646/26208760

この記事へのトラックバック一覧です: だけど一日は24時間…:

» 図書館員のベース [ライブラリアンはBINARYの夢をみるか]
ココログ仲間の がんばる働きマンhttp://nyaorobo.cocolog- [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月) 21時23分

トップページ | 明け方ベッドの中で思ったこと »